中央療育相談所

中央療育相談所について

●家庭にいる子どもたちをたすける

肢体の不自由な子どもを抱える家庭の方が気軽に相談でき、親子が一緒に相談・支援を行う場として「中央療育相談所」を設けています。ここでは、無料の電話・文書・メール等による相談・支援を行う専門のソーシャル・ワーカーが常駐しています。また、ボランティアが家庭に出向いてお手伝いする家庭奉仕員活動も行っています。
また、定期的に専門の弁護士による法的な問題についての無料法律相談も行っています。

問い合わせ先

社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
中央療育相談所

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-7
TEL 03-5995-4514(直通)  FAX 03-5995-4515
メールは: soudan@nishikyo.or.jp

●療育キャンプ

日本肢体不自由児協会の創設者であり、初代中央療育相談所所長 故髙木憲次先生は「富士山の見える景勝の地で肢体不自由児が思いっきり遊びまわる」夢を持っていました。この夢は子どもたちの可能性をあらわし、子どもたち自身がもっている夢と同じものなのです。  
肢体不自由だけでなく、知的障害等、さまざまな障害がある子どもたちの夢の実現場所として、毎年、当会では次の療育キャンプを開催しています。

 ・高木記念山中キャンプ 8月下旬 4泊5日
 ・手足の不自由な子どものキャンプ 8月中旬 5泊6日
 ・チャレンジキャンプ 8月中旬 2泊3日
 ・雪と遊ぼう親と子の療育キャンプ 1月上旬 2泊3日
 ・スプリングキャンプ  3月下旬 4泊5日
NPO法人フレンドシップキャンプ主催/本会後援
 ・フレンドシップキャンプ      8月上旬 4泊5日
   


家庭奉仕員制度のご案内

●ねらい

日本肢体不自由児協会では、在宅している肢体不自由児の家庭へボランティアヘルパーによる友情訪問を昭和40年より実施してきました。
この制度は、お子さんの身の回りのお世話をすることをはじめ、留守番、家事援助等、家庭へのサービスをも提供してきました。
障害の重いお子さんの場合、介護、介助の量と質は、お子さんの成長に伴い、増大していく場合がありますが、逆に保護者の方の加齢により、それらを充足することが困難になってきていることもあります。
また、家族から離れて、自立生活をされている障害者の方の場合、公的、私的な援助機関を活用しても、介護力はいまだ十分とはいえません。
成人された障害者の方は、就労、社会活動をも含めて生活行動領域の広がりがあるはずなのですが、その人の手足となってお手伝いしてくださる方が十分でないため、活動・行動が制限されてしまう場合もあるようです。
日本肢体不自由児協会では、こららのことから、従来行ってきている、家庭奉仕員制度の対象を肢体不自由者・成人へと、ボランティアによる友情訪問をさらに広め、いま、必要とされるみなさんのお手伝いをしていきたいと思っております。


●家庭奉仕員の活動内容

ご家庭の希望に応じるため特に決められていません。  
いままでは 〇学習の援助 〇留守番 〇遊び相手 〇買い物 〇身の回りの世話 〇掃除 〇外出の介助(通院・通所など) 〇洗濯 〇旅行付き添い 〇訓練補助 などがあげられています


●利用時間・回数は

特に定めていません。派遣されるボランティアの都合とご家庭の希望に合わせて調整しています。
いままでの例ですと週1回、半日程度の回数・時間が多くあげられます。


●費用は

会員制度への組織化に伴い、年会費2000円を申し受けています(主に連絡通信費に充当)。  派遣を受けた場合、1回につき2000円の交通費が計上されますが、お申し出いただければ減免も可能です。ボランティアとしての活動を奉仕員に対して期待していますので、ご家庭から奉仕員への謝礼については不要です。派遣に伴う保険料、そのほか運営経費については、本会が負担しています。


●派遣を希望される方は

都内在住の肢体不自由児・者の家庭(単身含む)で家庭奉仕員の派遣を希望する方は、下記事項についての記入書式を中央療育相談所までお送り下さい(メール可能)。

ご家庭で肢体不自由の障害をおもちの方の
〇お名前・ふりがな
〇男女の別
〇生年月日・年齢
〇住所・電話番号
〇所属機関
〇保護者の方のお名前
〇疾病名(障害名)
〇罹病(発見は 生後 年 月ごろ)
〇希望するヘルプの内容(上記活動内容を参照ください)
〇希望する訪問時間 週 回 曜日  時~ 時ぐらい

上記書式が到着次第、中央療育相談所のケースワーカーが訪問させていただきます。(日時は電話等で連絡させていただきます。)
その後、ボランティアの調整をしたうえで、医師など専門家により派遣の諾否を決定させていただきます。
男女差、お住まいになっている地域差により、すぐに奉仕員がみつからない場合もありますので、あらかじめご承知おきください。


申し込み・問い合わせ先

社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
中央療育相談所 家庭奉仕員係

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-7
TEL 03-5995-4514(直通)  FAX 03-5995-4515
メールは: soudan@nishikyo.or.jp

無料法律相 談会のご案内

無料法律相談のご案内

専門の弁護士さんがみなさんの相談にのってくれます。 さあ、気軽に相談してみましょう。

相談を委託した先生 村田 雅夫 弁護士 ほか

●相談日日程

いつ:(日時) 随時、受け付け中です。
どこで:(場所) 〒173-0037 東京都板橋区小茂根 1-1-7 
日本肢体不自由児協会 中央療育相談所
一般交通機関 では    
東京メトロ 有楽町線・副都心線 小竹向原 3番出口 徒歩7分
TEL 03-5995-4514(直通)
だれが:(人) 障害がある ご本人 ご家族 お友達 援助している方 ボランティア 専門家 どなた でも
なにを:(内容) 医療・教育・福祉・就労(職業)どんなことでも法律に関することなら・・・  
相談したいことが法律のことかな?  と不安に思ったときでも、相談室のワーカーが相談するお手伝いもいたします。  
相談内容に応じて担当者、それぞれの専門家を紹介することも可能です。
どんなふうに:(方法) まず、お電話かEメールで相談室のワーカーを呼び出して、予約してみてください。  
そのときに、ご相談の方法をお知らせいたします。当相談所においでいただくか(来所)、電話でお話 することもできますし、文書(はがき・手紙)やEメールでの相談も受け付けております。  
面談による相談はだいたい1回につき30分~1時間程度を考えています。  
もちろん個人のプライバシーに関する秘密は保持します。  
匿名でも相談は受け付けておりますので、どうぞ気軽に相談下さい。

このページで紹介しています相談室のスタッフが親切、丁寧をモットーに対応してくれるはずですヨ!!

申し込み・問い合わせ先

社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
中央療育相談所

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-7
TEL 03-5995-4514(直通)  FAX 03-5995-4515
メールは: soudan@nishikyo.or.jp

●スタッフ

上原 奈奈ワーカー 中央療育相談所のケースワーカーです。
紅谷 聡ワーカー 中央療育相談所のケースワーカーです。
村田雅夫 弁護士 平成8年に弁護士登録しました。
大学時代に日本肢体不自由児協会後援のフレンドシップキャンプのリーダーをしていたご縁で、現在、無料法律相談を担当させて頂いております。
肢体不自由児に関わるご相談であれば何でも大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

村田弁護士の法律事務所がホームページを2006年2月14日より開設しました。 下記の文字をクリックするとそちらを見ることができます。
村田・若槻法律事務所


※  中央療育相談所は日本肢体不自由児協会が運営する第2種社会福祉事業です。
ご相談の内容に応じて、例えば「医療」については 同じく協会が運営する心身障害児総合医療療育センターの小児科 ・整形外科・歯科 のそれぞれの専門医に斡旋連絡もできます。      
訓練や心理や福祉のことでもそれぞれの専門家に斡旋連絡することが可能です。

申し込み・問い合わせ先

社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
中央療育相談所

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-1-7
TEL 03-5995-4514(直通)  FAX 03-5995-4515
メールは: soudan@nishikyo.or.jp

ページのトップへ