日本肢体不自由児協会は家族と社会の間にたって、家族を支援し、社会を啓発し、肢体不自由児が 最も恵まれた環境にいられるようさまざまな事業を行っています。

協会の活動

ねむの木賞・高木賞

ねむの木賞・高木賞について

令和3年度候補者推薦受付は終了しました

ねむの木賞は「ねむの木の子守歌」の歌詞著作権を肢体不自由児事業振興のために当協会へ下賜された上皇后陛下の御意志を永く記念するため、昭和42年に設けられたもので、医療型障害児入所施設、療養介護事業所、特別支援学校等において永年勤務し、障害児・者の日常生活指導などに携わり、優秀な成績をおさめている方に対してその労をねぎらい、また、今後の益々の活躍を期待して毎年授与しているものです。

高木賞は、わが国で初めて肢体不自由児療育の体系をたてられ、療育事業に偉大な貢献をされた本会創設者故高木憲次博士の御遺徳を永く記念するため昭和42年に設けられたもので、肢体不自由児・者療育の領域において特に顕著な功績のあった方、または特に療育面で優秀な研究を行った方に対して授与するとともに、今後の療育の分野において活躍が期待できる方に対して高木奨励賞を授与しているものです。

第54回(令和2年度)「ねむの木賞・高木賞」贈呈式

 第54回(令和2年度)「ねむの木賞・高木賞」の贈呈式が、去る令和2年11月11日に東京品川のザ・プリンスさくらタワーにおいて行われました。

 今年度も全国の関係施設、学校等からの推薦を受けて次の4名の方がねむの木賞を受賞されました。

・池本 繁子氏(看護師)
  愛媛県立子ども療育センター(愛媛県)
・川口 香織氏(看護師)
  心身障害児総合医療療育センター(東京都)
・小山内 薫氏(保育士)
  千葉県千葉リハビリテーションセンター愛育園(千葉県)
・川崎 奈津枝氏(看護師) 
北海道拓北養護学校(北海道)

 受賞者の皆さんはそれぞれの施設や学校等において、永年にわたり障害児・者の日常生活の看護、援助・指導業務に献身的に尽くされて、各職場の職員からも厚い信頼を得ている方々です。

一方、今年度の高木賞は次の方が受賞されました。

(高木賞)
・二井 英二氏 
   鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法家特任教授:医師(三重県)
(高木奨励賞)
 ・今年度は該当なし

 高木賞を受賞された二井英二氏は、障害児とくに肢体不自由児の教育面・福祉面の改善に向けて、各方面の関係者や関係機関とともに活動してきました。東海地域における小児整形外科の発展に貢献するとともに、研究発表、講演会などを通じて、三重県内の障害児療育に従事するセラピスト、教員、保育士や保健師などの知識・技術の向上にも貢献しています。

 
 贈呈式は、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長、文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長をはじめとする多くのご来賓出席のもと執り行いました。
 ねむの木賞・高木賞両賞委員会委員長の日本肢体不自由児協会遠藤浩理事長の挨拶に続き、当協会の岩谷力会長から受賞者それぞれに賞状が授与されました。
 そして、厚生労働省及び文部科学省からの祝辞をいただき、ねむの木賞及び高木賞の受賞者代表からそれぞれ謝辞があり無事に終了しました。
 なお、贈呈式は新型コロナウイルス感染症の感染対策に努め、国からのイベント開催方法等についてのガイドラインに沿い、例年開催をしておりました会場を倍以上広い会場に変更して、ご出席の皆様方に対し当日の検温や手指消毒及びマスク着用のご協力をお願いし、3密を避けソーシャルディスタンスを確保に努めました。
 また、例年お執り成しいただいている当協会総裁常陸宮殿下並びに同妃殿下におかれましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大という非常の事態にあることを考慮し、このたびのご臨席要請を取り下げ、受賞者された皆様について両殿下にご報告させていただきました。
 それとともに、上皇后陛下とねむの木賞受賞者とのご接見は、昨年度をもって終了しましたが、当協会より今年度の受賞者の皆様について上皇后陛下にご報告させていただきました。

 当協会は、上皇后陛下の御意志を永く後世に伝えるために、引き続き「ねむの木賞」が療育に携わる人たちのかけがいのない目標とされ、大きな励みとなるよう「高木賞」とともに「ねむの木賞」贈呈事業を継続してまいります。

第54回ねむの木賞高木賞受賞者の皆様

第54回ねむの木賞高木賞受賞者の皆様

「ねむの木賞・高木賞」受賞一覧
ねむの木賞過去受賞者
高木賞・高木奨励賞過去受賞者
ねむの木賞・高木賞授賞要項